sponsored links

競馬 競馬予想 IPAT 即PAT 即パット JRA 馬券 馬 競馬必勝法

<< 弥生賞出走登録馬“2007” | main | フィリーズレビュー出走登録馬“2007” >>

スポンサーサイト

  • 2007.03.06 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


フィリーズレビュー歴史“2007”

フィリーズレビューの歩み

フィリーズレビューは1967年に牝馬限定のクラシック競走の桜花賞の
前哨戦として4歳(現3歳)牝馬限定の定量の桜花賞トライアルの重賞
競走、阪神4歳牝馬特別として創設。

フィリーズレビュー第1回は阪神競馬場の芝1400mで施行され、上位
3着までに入賞した競走馬には桜花賞の優先出走権が与えられた。

1975年からは施行距離を芝1200mに変更、更に報知新聞社の優勝杯の
提供を受けることになった。

しかし1979年には施行距離を再び芝1400mに戻し、1983年からは4歳
牝馬特別に名称変更を行ったが、現在のフローラステークスにあたる
競走も同年に4歳牝馬特別に変更した事に伴い、競馬ファンや競馬
関係者からは、4歳牝馬特別(西)と呼ばれた。

2001年には競走馬の年齢表示の国際基準に変更に伴う競走名の変更
により現在のフィリーズレビューに変更、2003年からは負担重量を
定量から馬齢に変更、翌年からは外国産馬の活躍による出走資格の
見直しの一環により、外国産馬が桜花賞に出走可能になったことに
伴い、混合競走に指定、外国産馬の出走が可能になった。

フィリーズレビューは桜花賞トライアルで最も格の高いGIIに格付け
され、更に桜花賞と同じ阪神競馬場で施行されることから栗東の
有力馬が多く出走し、チューリップ賞やフラワーカップと並び桜花賞
を占う重要な競走に位置付けされている。

フィリーズレビューの出走資格は、サラ系3歳(旧4歳)のJRA所属の
牝馬の競走馬(外国産馬含む)及び、地方所属の牝馬の競走馬
(5頭まで)。

フィリーズレビューの負担重量は、馬齢で54キロである。

フィリーズレビューの総額賞金は9,300万円で、1着賞金5,200万円、
2着賞金2,100万円、3着賞金1,300万円、4着賞金780万円、5着賞金
520万円と定められている。

フィリーズレビューで上位3着まで入賞した競走馬には桜花賞の
優先出走権が与えられる。

参考文献 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
フィリーズレビュー

スポンサーサイト

  • 2007.03.06 Tuesday
  • -
  • 16:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM