sponsored links

競馬 競馬予想 IPAT 即PAT 即パット JRA 馬券 馬 競馬必勝法

<< アーリントンカップ出走登録馬“2007” | main | 弥生賞歴史“2007” >>

スポンサーサイト

  • 2007.03.06 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アーリントンカップ有力馬情報"2007”

アーリントンカップ"2007”出走予定の有力馬!


◇トーセンキャプテン

デビュー2戦は、いずれも終いに行くほど速くなる流れ。
それを好位で追走し、最後までしっかり脚を使って2連勝。
いい脚をかなり長く使えるし、能力は高い。
仕掛けられてからの反応が上々で、初戦の内容から勝負根性も抜群。
スッと好位につけていける点も、開幕週で、流れの落ち着きやすい
阪神外回りでは強みだ。
前走が、太かった初戦から更に2キロ増。
まだまだよくなる余地がある。
3連勝の期待大。


◇ベッラレイア

初戦の勝ちっぷりが圧巻。
軽く仕掛けただけでスッと反応、直線半ばで抜け出すと、あとは
抑えたまま。
上がり3ハロン33秒8と瞬発力が抜群だし、レースの終い3ハロン
11秒7−11秒6ー11秒3を馬なりで交わして行くのだから、これも
能力は相当なもの。
トビが大きいので、ゆったり走れる阪神の外回りに替わるのは
好材料だし、この中間は更に気配が上昇。
牡馬相手でもヒケは取らない。


◇ローレルゲレイロ

1勝馬ながら、重賞ではG12着を含む↓↓↓C紂
とにかく相手なり。
前走は勝ち馬から0秒6差と離されてしまったが、道中、外から被せ
られ通しで仕掛けが遅れてしまったもの。
57キロを背負って上がり3ハロン33秒7をマークしているのだから、
悲観するう内容ではない。
まだレースふりが幼いが、逆をいえば良化の余地が残っているし、
中間の気配も前走以上。
ここも上位に。


◇マイネルレーニア

前走の朝日杯FSでローレルから0秒3差。
もうひと押しが利かなかったが、長距離輸送があって馬体が8キロ
増えていたあたり、若干重かったのかも。
スパッとは切れないが追ってしぶとく、脚質にも幅がある。
久々になるが、14日にはCWで6ハロン78秒2の一番時計をマーク
するなど仕上がりは良好。
今回は初めて背負う57キロが課題になりそうだ。

◇コンティネント

未勝利卒業に4戦を要したが、敗れた3戦は相手も強かったし、
自身にも幼さが残っていて力を出し切れなかったもの。
ハミを換えてモタれる面は解消してきたし、能力はここでも十分
通用しそう。
イレ込む面があるので極端に流れが落ち着いたときが心配だが、
ハナに行っても力を出せるタイプ。
軽視はできない。

(週間競馬ブックアーリントンカップより抜粋)

スポンサーサイト

  • 2007.03.06 Tuesday
  • -
  • 03:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM